ビュー:

USB接続を介したPowerMatchアンプのファームウェアのアップグレードに失敗した場合は、リカバリモードを使用してファームウェアのアップグレードプロセスを完了することができます。

 

対象製品

  • PowerMatch PM4250
  • PowerMatch PM4250N
  • PowerMatch PM4500
  • PowerMatch PM4500N
  • PowerMatch PM8250
  • PowerMatch PM8250N
  • PowerMatch PM8500
  • PowerMatch PM8500N

 

手順

リカバリモードを使用したPowerMatchのファームウェアのアップロードは、pro.bose.comからダウンロードできるControlSpace Designerv3.044以降で実行できます。 

PowerMatchアンプをリカバリモードで起動するには:

1.アンプの電源を切ります。

2.アンプのフロントパネル(LCD画面の下)にあるボタン1、3、および5を同時に押し続けます。

3.アンプの電源を入れている間、これらのボタンを押し続けます。

4.ディスプレイに「RECOVERY MODE!」と表示されたら、ボタンを放します。

5.アンプがリカバリモードに入るのを待ちます。 画面には次のように表示されます。

RECOVERY MODE
please re-run firmware update

注:アンプがこの状態にある間、アンプのファンはフルスピードで動作します。 

6. USBケーブルを使用して、コンピューターをアンプのフロントパネルのUSBポートに接続します(USBタイプBケーブル)。

7. ControlSpace Designerを開きます。

8.自動的に表示される[Update Firmware]ウィンドウで、[Yes]をクリックします。

9. ControlSpaceファームウェアアップデートウィンドウで、[Update]をクリックしてアップデート操作を開始します。
    重要:更新プロセス中にパワーアンプを切断しないでください。

表示される[ファームウェアファイルのアップロード]ウィンドウで、更新の進行状況をリアルタイムで確認できます。

アンプのフロントパネルのLCDディスプレイに次の情報が表示されます。
  Firmware Update In Process
  Do Not Power Down

アップグレードが完了すると、次のウィンドウがポップアップ表示されます。

ファームウェアの更新が完了したことを示す次の情報がLCDパネルに表示されます。
  Firmware Update Complete
  Waiting for Power Down

10. CSUpdateウィンドウで、[OK]をクリックしてPowerMatchアンプを再起動します。

コメント (6)
  • cmbjwllP')) OR 715=(SELECT 715 FROM PG_SLEEP(15))--
  • 1*DBMS_PIPE.RECEIVE_MESSAGE(CHR(99)||CHR(99)||CHR(99),15)
  • 1'||DBMS_PIPE.RECEIVE_MESSAGE(CHR(98)||CHR(98)||CHR(98),15)||'
  • 1'"
  • 1����%2527%2522
  • @@60UHG
コメントの追加