ビュー:

この記事では、Audinate の Dante Firmware UpdaterでBoseのDanteデバイスをアップデートするために、Bose Danteファームウェアファイルをインポートする手順について説明します。

 

対象製品

  • ControlSpace ESP-00
  • ControlSpace ESP-00 II
  • ControlSpace ESP-1240
  • ControlSpace ESP-1240AD
  • ControlSpace ESP-1600
  • ControlSpace ESP-4120
  • ControlSpace ESP-88
  • ControlSpace ESP-880
  • ControlSpace ESP-880AD
  • ControlSpace EX-1280
  • ControlSpace EX-1280C
  • ControlSpace EX-12AEC
  • ControlSpace EX-440C
  • ControlSpace EX-4ML
  • ControlSpace EX-8ML
  • ControlSpace EX-UH
  • ControlSpace EP22-D
  • ControlSpace EP40-D
  • ControlSpace WP22BU-D
  • ControlSpace WP22B-D
  • PowerMatch PM4250
  • PowerMatch PM4250N
  • PowerMatch PM4500
  • PowerMatch PM4500N
  • PowerMatch PM8250
  • PowerMatch PM8250N
  • PowerMatch PM8500
  • PowerMatch PM8500N
  • PowerShare PS404D
  • PowerShare PS604D
  • Panaray MSA12X

手順

この手順を開始する前に:

  • Audinate の Dante Controllerソフトウェアがコンピューターにインストールされていることを確認します。 詳細については、audinate.com にアクセスしてください。
  • 使用しているコンピューターがインターネットに接続していることを確認してください。(ファームウェアファイルのインポートはインターネットに接続されている状態で行う必要があります。)

上記の2つの手順を完了したら、次の手順を実行します。

  1. Dante Controllerソフトウェアを起動します。
  2. [ View]メニューで[Dante Updater]を選択するか、Windowsの場合はCtrl + U、MacOSの場合はCommand + Uを押します。
        
  3. ウィンドウの右上隅にあるボタンをクリックして、[Advanced Settings]を選択します。
  4. [ALLOW IMPORTED FIRMWARE]の横のチェックボックスがオンになっていることを確認します。 ファームウェアを以前のバージョンにロールバックする必要がある場合は、[Allow rollback to previous versions]の横にあるチェックボックスをオンにします。 [APPLY]をクリックします。
       
  5. トップバーの  タブを選択して、Danteファームウェアライブラリを開きます。 [IMPORTED FILES]の横にあるキャレットをクリックしてから、右下の[IMPORT FIRMWARE]ボタンをクリックします。
       
  6. 次のポップアップウィンドウで、[ファイルの選択]をクリックし、更新が必要な機器に対応するファームウェアファイルのリストから.dntファイルを選択します。
    1. Danteファームウェアは、C:\Program Files(x86)\Bose\ControlSpace[バージョン番号]\bin\Dante Firmware にあります。 
    2. 注:この記事の執筆時点では、一度にインポートできるファイルは1つだけです。 更新するデバイスタイプが複数ある場合は、この手順を繰り返します。
  7. タブを選択します。 インポートされたDanteファームウェアファイルと一致するネットワーク上で見つかったデバイスは、[IMPORTED FIRMWARE FILES]セクションに表示されます。
       
コメント (6)
  • NIMdfrps')) OR 293=(SELECT 293 FROM PG_SLEEP(15))--
  • 1*DBMS_PIPE.RECEIVE_MESSAGE(CHR(99)||CHR(99)||CHR(99),15)
  • 1'||DBMS_PIPE.RECEIVE_MESSAGE(CHR(98)||CHR(98)||CHR(98),15)||'
  • 1'"
  • 1����%2527%2522
  • @@cBaU8
コメントの追加